ジャッジガベルと本
背広の人

法人に関わる税金

法人税は法人が営業活動で得た利益に対して支払う税金です。節税の方法は様々ありますが、太陽光や航空機リース以外に、生命保険の活用があります。生命保険は支払った保険料を損金処理出来ますので利益圧縮になります。一定期間後に解約する事で解約返戻金を活用できます。このように保険活用で手軽に節税が可能です。

ジャッジガベル

慎重に選ぼう

司法書士は登記業務や書類作成提出業務をメインとしています。東京には多くの司法書士事務所がありますが、それぞれ専門がありますので依頼する業務に専門性があるのかまた口コミなどを参照して問題ないかどうか確認する必要があります。費用も司法書士事務所によって異なりますので、しっかり比較検討する事も大切です。

事故

示談にできやすい

横浜で交通事故に遭った時に頼りになるのは、横浜の弁護士事務所です。示談に持っていってくれたり、慰謝料請求もスムーズに行ってくれたりします。交通事故案件の実績が高い弁護士事務所を見つけて相談しましょう。

裁判所への破産宣告の時は

男性

やはり弁護士がお勧めです

借りていたお金を返済できなくなり、しかも売却する財産などもない場合は、自己破産を行うといいでしょう。この自己破産は、裁判所に破産を宣告し、免責が下りることで、借金を帳消しにしてしまう方法です。これを同時廃止といいます。帳消しになるため、返済する必要がありません。その一方で官報に個人情報が載る、あるいは職業によっては短期間停職になるということもあります。しかし、どうしても返済できない場合には、やはりこの方法が一番お勧めです。自己破産をする時は、弁護士事務所、いわゆる法律事務所に依頼するようにします。自己破産は司法書士事務所でも応じてくれますが、法律事務所に頼んだ方が、借金の上限額がないというメリットがあります。これに対して、司法書士事務所では、1社あたり140万円までという限度額があります。それから法律事務所に依頼した方が、同時廃止への手続きが速いという点が挙げられます。通常同時廃止までには3か月ほどかかりますが、法律事務所に頼むと、もう少し早く同時廃止となることもあります。それから、多少財産がある場合は、同時廃止ではなくて少額管財という形を取ります。これは、裁判所から選任された破産管財人が立ち入り調査を行うもので、半年ほど時間がかかります。この管財人になれるのは弁護士なので、同時廃止、少額管財どちらのケースであっても、法律事務所に依頼するのが望ましいわけです。費用は大体40万円ほどかかりますが、最近は一括払いでなく、分割払いにできる法律事務所も増えています。