メンズ

法人に関わる税金

背広の人

法人は営業活動を行った結果得た利益について、税金を支払う必要がありますが、これを法人税といいます。この税率は企業規模によって異なります。法人には経費も認められています。人件費や交際費などがそれにあたります。日本の法人税は国際的にみても税率が高いといわれており、近年法人税率が引き下げとなっています。しかし法人、特に中小企業からすると利益を様々な方法で圧縮して内部留保を厚くし、万が一の際に備えたいと考えています。そこで法人税の節税ニーズは高まっています。節税の方法として近年人気であったのは、太陽光です。これ以外にはある程度の事業規模の法人であれば航空機リース等の方法があります。この方法とは別に手軽に節税出来る方法として選ばれているのが、生命保険の活用です。生命保険は商品が様々ありますが、支払った保険料が全額損金算入できるタイプ、半分が損金算入できるタイプ等があります。利益が出たままであれば法人税の支払い対象となりますが、保険に加入し保険料を支払うと利益は大きく圧縮される事になりますので、節税効果があります。生命保険の場合は解約返戻金がありますので、一定期間後に解約してこの解約返戻金を受け取ります。この際には雑収入となるので税金を支払う必要がありますが、一定期間の利益繰り延べ効果があります。また解約した際に解約返戻金を設備投資や退職金として活用すれば税金は課税されません。このような保険活用で手軽に節税する事が可能です。